院長の山本洋平です。

先日、友人の家の新築の「餅投げ」があり

餅を拾いに行ってきました。
IMG_1284

その友人とは、代田小学校~代田中学校と一緒に過ごしました。

中学校では、「軟式テニス部」も同じでした。

でも、テニスの思い出よりもピンポン玉で野球をよくやっていた思い出の方が強いです(笑)


私は、歯科医師になってから、

とにかく「最新の歯科を学びたい」との思いが強く、

父がこの豊川で開業しているにも関わらず、

その事に背を向け、

いや、背を向けたというより、そんな事も気に留めず進んできました。


アメリカや欧米の歯科医療が10年遅れて東京に入ってくる。

東京の歯科医療が10年遅れて地方に入ってくる。



この言葉を大学卒業間際に知りました。

そして、この言葉と元々私が抱いていた最新医療への興味が合わさり、

私は東京で勤務しました。

東京での勤務医時代は私の思いを満たす以上に刺激的で充実していました。

特に私の師匠(最初の勤務先の院長)は常に、

「世界と戦う!!」(日本の歯科のレベルの高さを世界に知らしめるという意味)

と言っておりました。

そのため師匠の海外出張はとても多かったです。

実際にその先生は世界的にも認められてきていました。


そんな日々を過ごす中で、

紆余曲折はあったものの東京を離れ、

結局はこの豊川で開業することになったわけですが、

やはり寂しい思いは当初はありました。

漠然とですが、歯科の流れからおいていかれてしまったような気持ちです。

でも地方の豊川であっても、

常に最新の医療を学び研鑽を積まれている先生方もたくさんいます。

そんな先生方と一緒に豊川の歯科医療をよりよいものにできればと思います。

そして、家を新築した近所の友人に、

胸を張って、

最新の歯科治療を提供できるようなクリニックを目指します。

そんなクリニックを作ることが、

私を育ててくれたこの豊川に恩返しをすることだと思っています。